XSPORTS.JP
CONTENTS MOVIE
TV PROGRAM
X SPORTS.JP
[J SPORTS 3]
NOW ON AIR
#137
サーフィン特集

ON AIR Schedule
初回放送
6/30(fri)24:00-

再放送
7/3(mon)10:00-
7/9(sun)27:00-
7/10(mon)12:00-
7/21(fri)8:25-
7/30(sun)5:00-












 

見たいカテゴリーをClick!!

AIRRACE
B-BOYING  
BMX
DRIFT   DRAGRACE
FMX   FREESTYLEFOOTBALL
ICESKATE   INLINESKATE
MTB
SKATEBOARD   SKI   SNOWBOARD   SNOWSCOOT   STREETBASKETBALL
SURFIN
TRIAL BIKE
WAKEBOARD   WINDSURFIN
X-GAMES



AIRRACE
飛行機による空中でのレース。
Red Bullが開催するRed Bullエアレースワールドシリーズやリノ・エアレースなどが
知られる。

■Red Bull AIR RACE WORLD SERIES
2003年にRed Bullの企画で始まった飛行機パイロットによる国際シリーズレース。
2009年よりアジア人初の選手として室屋義秀が参戦。
競技用のプロペラ飛行機を操り、エアゲートと呼ばれる巨大な障害物が設置されたコースを
決められた順序と方法で通過するタイムを競う。

■Reno National Championship Air Races&Air Show
アメリカネバダ州・リノで毎年9月に開催されるエアレース。
1964年に始まった、現在開催されているエアレースの中で最も長い歴史を誇るレース。
リノ市街地から北西16kmにあるリノ・ステッド空港を起点とし、地表に置かれたパイロンを目印にしたオーバルコースを周回して行なわれる。
レースの合間に民間航空ショーや軍のデモンストレーション飛行なども行なわれる。

B-BOYING
B-Boyingとはブレイクダンスと呼ばれるHipHopカルチャーから生まれたダンススタイル。
クルーや個人のバトル形式で行われる大会も数多く存在し、ブレイクビーツを繰り出す
DJやRAP、グラフィティなどHipHop文化と共に発展していった。

■BC One
創成期の1970年代〜80年代の頃主流であった、1 on 1スタイルのブレイクダンスバトル。
2004年スイスで第一回大会が行われ、毎年1回開催されている。
2008年フランス大会では、日本人のB-Boy“taisuke”が準優勝に輝いた。

■Battle of the year
クルー(チーム)対抗によるB-Boyingのバトル。
1990年から毎年10月にドイツのブラウンシュヴァイクで開催される
“Show side”と“Battle side”に分かれ、“Show side”上位4チームのトーナメント方式が
とられている。
■UK B-Boy Championships
BC One、Battle of the yearとこの大会をブレイクダンス世界三大大会と呼ぶ。
イギリス・ロンドンで開催され、Poppin' Solo、Lookin 2on2、B-Boy Solo、B-Boy Crewと
様々なジャンルのバトルが展開される。

BMX
Bicycle MotoX(cross)の略。
競技用小径車で、セクションを使ってトリックを繰り広げる“ストリート”、
平らな場所で技を競う“フラットランド”、土の上で行う“ダート”と、大きく3つに分けられる。
ダートはトリックを競うスタイルとレースに分けられる。

■K.O.G (King Of Ground)
BMXフラットランド日本選手権の通称。年間3戦のシリーズ戦で行われており、その中の1戦は、
世界のフラットランドキングを決める“ワールドサーキット”の1戦となっている。

■BMX FLATLAND BRAND STAND
BMXに関連するブランドが、2名のチームライダーでトーナメント形式でバトルするエンターテイメント
コンペティション。
■BMX FLATLAND WORLD CLASSIC
世界のシリーズランキングトップのライダーをシードとし、プロ・エキスパートの予選で勝ち抜いた
ライダーがトーナメント形式で戦い、BMXフラットランドNo.1を決めるコンペティション。

DRIFT
自動車の後輪もしくは4輪を滑らせながら走る走法“ドリフト走行”の速さ、美しさを競う競技。

■D1グランプリ
2001年よりスタートした全日本プロドリフト選手権。シリーズ制で行なわれている。
シード以外の全選手が予選に参加し20名にしぼられる。予選は1台ずつ「角度」「スピード」「エンジンの音」「動作のスムーズさ」などを総合的に審査する単走で行なわれる。
予選で勝ち残った20名とシード選手10名の30名で単走1回戦を行い、上位16名にしぼられる。
16名によって1対1の追走方式で勝ち抜き戦を行い、最後に勝ち残った選手がそのラウンドの勝者となる。順位に応じたポイントが与えられ、総獲得ポイントで年間チャンピオンが決定する。

■フォーミュラD
2004年よりアメリカでSCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)の主催でスタートしたドリフトの
シリーズ戦。
■D1ストリートリーガル
2005年に新設されたD1グランプリの下位カテゴリー。
D1グランプリと異なり、参加車両には車検の取得を義務付けている。
■Red Bull Drifting World Championship
2008年にRed Bullの主催で、世界各国のドリフト戦シリーズの上位入賞者を集め行なわれた
世界ドリフト選手権。

FMX
Freestyle MotoX(cross)の略。
一般的にジャンプが複数あるダートコースを集団で走り順位を競うレース競技である
モトクロスから、1990年代前半にレース(速さ)ではなくジャンプでのトリック(アクション)の
完成度を競う方向で派生した競技。

■Red Bull X-Fighters
世界数カ国を転戦し、繰り広げられるFMXの世界最高峰のワールドシリーズ。
世界中で数名の選ばれた選手のみ出場できる。
闘牛場や古城など、開催国の文化・風土を活かした環境での開催も見もの。
2009年は、日本人の佐藤英伍選手が総合3位に入賞。


FREESTYLE FOOTBALL
手以外の体の部位(足、胸、肩、頭など)を駆使し、サッカーボールを様々な方法で動かして
その動きの創造性やリフティング技術、パフォーマンスとしての完成度を競う。

■Red Bull STREET STYLE World Final
1対1のフリースタイル・フットボール・バトルの世界大会。
制限時間3分間で、1つのボールを交互に使い、自らのスタイル、クリエイティビティ、
テクニックの限りを尽くし、華麗なリフティング・テクニックを繰り出しながら戦う。
ブラジルのサンパウロで行なわれた2008年大会では、世界44カ国で予選が行われ、
並みいる強豪の中、日本代表の横田陽介選手が準優勝に輝いた。
2010年3月南アフリカ大会が行われる。日本代表は2009年Japan Finalで優勝したt☆kura選手。


ICE SKATE
このサイトでは、フィギアスケート、アイスホッケーなどは取り扱いませんが、XSPORTSとして新しく発生したものを紹介します。

■CRASHED ICE
カナダ・ケベックシティで開催された、スケートシューズを履いてスノーボードクロスの様に4人が
一気に滑り降り、勝敗を決めるダウンヒルスキーの様なニュースポーツ。
特色は、街の坂道に氷を敷き詰め、ストリートリュージュの様なコースを作って行うことである。


MTB (マウンテンバイク)
1970年代後半にカリフォルニア州サンフランシスコの郊外マリン郡で誕生したと言われる。
クロスカントリー(XC)、ダウンヒル(DH)、デュアルスラローム(DS)、デュアル(DL)、
エンデュランス、オブザーブド、トライアル、フリーライドなどの競技がある。

■UCI (国際自転車競技連合)
1990年第1回目の世界選手権を開催。
世界各地を転戦し、総合ポイントを競う“ワールドカップ”と年に1回開催する“世界選手権大会”を
行っている。

■Red Bull RAMPAGE
2001年〜2004年、ユタ州で開催されたMTBフリーライディングイベント。
壮大な山で行われたイベントである。
■Red Bull Metro Ride
ハンガリーブダペストの地下鉄の駅構内を使用して行われた大会。
駅のエスカレーターやホーム、さらには停車している電車を使って行われた。

SKI
2枚の板を片足ずつ履いて滑る競技。WINTER X GAMESでは、スキースーパーパイプ、
スキービッグエアー、スキースロープスタイル、スキーヤーXが開催されている。
さらに、モノスキーという座って乗る1本スキーによるクロスゲームも行われている。

■Red Bull HOME RUN
SKI、SNOWBOARD合わせて300人以上が一気に滑り降り、最も速い人が優勝という単純明快な
レース。
スタート地点に置かれた板をスタート同時に走って装着するというル・マン形式がとられている。

■Red Bull SPEED RIDE
フリースキーにパラグライダーを組み合わせた新しい競技。
山頂からスタートし、パラグライダーで空中を舞い、スキーをしながらゴールを目指す。

SNOWBOARD
1枚の板に乗り、雪上を滑る競技。WINTER X GAMESでは、スーパーパイプ、スロープ
スタイル、ボーダークロス、ビックエアーが行われている。

■Red Bull HOME RUN
SNOWBOARD、SKI合わせて300人以上が一気に滑り降り、最も速い人が優勝という単純明快な
レース。
スタート地点に置かれた板をスタート同時に走って装着するというル・マン形式がとられている。

■DRIVE BY
オーストリア、スロバキア、チェコ、ポーランド、ルーマニア、セルビアを15日間トップライダー達が
街中の手すりなどでライディングをし、着地部分に自ら持ち込んだ雪を敷き詰め、行われたツアー。

STREET BASKETBALL
屋外のコートを使用したバスケットボール、またそのプレイスタイル。
主に街中(ストリート)で行なわれることからこう呼ばれる。
人数、ルールなど特に決まりは無く、現在日本でも様々なリーグが立ち上がり、
それぞれのルールでゲームが行なわれている。

■AND1 MIX TAPE TOUR
バスケットボールブランド“AND1”が行なう、ストリートボーラー達で結成したTEAM AND1が
全米各地を回るツアー。2003年にはヨーロッパ進出、2004年には日本に初上陸。
その後、毎年日本でも開催され、世界最高峰のストリートバスケ旋風を巻き起こした。
2006年には、アジア人唯一のボーラーとして日本人・森下雄一郎a.k.a.SAMURAIが初契約。
AND1 MIX TAPE TOUR in JAPANは、2009年8月の6回目の開催をもって、惜しまれながらも
終焉を迎えた。

■bjリーグ
2005年11月に開幕した日本のプロバスケットボールリーグ。
イーストカンファレンス、ウエストカンファレンスに分かれ、レギュラーシーズンにおいて
カンファレンス上位4チームがプレイオフに進出し、そのシーズンのNo.1を決定。
ルールは国際バスケットボール連盟(FIBA)に基づくが、一部NBAルールやbjリーグ独自のルールも
取り入れている。
■LEGEND
2005年11月に開幕したストリートボールリーグ
チームごとではなく選手それぞれチームを試合ごとに変更し、個人成績を競うのが通例。
ハーフコートの3on3を中心に行なわれる。
週末のショッピングモールの広場などでゲームを無料で開催している。
■SOMECITY
2007年12月に開幕した、プロストリートボールクルー“FAR EAST BALLERS”主催の2つめの
プロストリートボールリーグ。
古くから日本のストリートボールシーンを支えたTEAM-Sを始め、チームごとに勝敗を競う形をとって
おり、ハーフコートの3on3で行なわれている。
■FREESTYLEBATTLE日本一決定戦
ボールを自由に使ったパフォーマンス=フリースタイルだけを競う大会。
フリースタイルはストリートバスケットボールにおいて重要な要素であり、ボールハンドリングや
見た目の格好良さを見せるものである。様々な大会やイベント等において、パフォーマンスショーと
しても多く取り入れられている。

SURFIN
サーフボードの上に立ち、波が作る斜面を滑走する。
ロングボードとショートボードがある。

■ASP World Tour
世界プロサーフィン連盟(ASP)によるプロサーファー世界一(男女)を決めるツアー。

■Japan Pro Surfing Tour
日本プロサーフィン連盟(JPSA)によるショートボード・ロングボードのプロサーファー日本一(男女)を
決めるツアー。毎シーズン、各全5戦行なわれている。
最終戦はツアーの中で最も歴史と権威のある“ALL JAPAN PRO”の名称がつく。
■World Qualifying Series(WQS)
世界ツアー出場権を得るための大会(ポイントランキング制)。
日本では男子のみ開催されている。

WINDSURFIN
サーフィンと似た形状のボードにヨットのようなセイルを接続した道具を使い、水面に浮かべたボードの上でセイルを立てて風を受け、その力を利用して水面を滑走する。

■SLALOM
水面に設置されたマークを風下または8の字にプレーニング走行からのレイルジャイブでカーヴィング回航を繰り返し、先着順位を競う種目。

■WAVE
波間においてプレーニング走行からのウェイブライディング、ジャンプ、ループ等の技を繰り出し
その総合獲得点で勝ち上がり形式により順位を競う種目。

■RACE
水面に設置されたマークをタック、ジャイブといったトランジション(方向転換技術)と回航を繰り返し
先着順位を競う種目。
■FREESTYLE
平水面においてプレーニング走行からのジャンプ、ループ等の技を繰り出し、その総合獲得点で
勝ち上がり形式により順位を競う種目。

X-GAMES
様々なエクストリームスポーツを集め、夏と冬の年2回開催される大会。
ESPNによって開催され、選手達は金・銀・銅メダルを目指して戦う。
夏季大会SUMMER X GAMESは8月に、冬季大会WINTER X GAMESは1月または2月に
開催される。

■Adventure Race
山、川、海など各地の自然をフィールドに、チーム戦で多種目なアウトドア競技をこなしながら
ゴールを目指す競技。

HOME / CONTENTS / POWER LIFE STUDIO / ChampionofX / MAIL

Copyright(C) 2009-17 FLAP